安心して旅行に出掛けられる様々なサービス

安心して旅行できる旅行保険

海外旅行保険に加入される方は多いと思いますが、国内でも国内旅行保険に加入しておくと安心して旅行を楽しめます。国内旅行保険は一日わずか数百円で死亡や入院、通院の保障があります。万が一、ホテルの備品を壊してしまった時など、賠償責任も保障されています。日帰り旅行も対象となっており、ネットから簡単に加入でき、面倒な手続きも必要ありません。また、海外旅行保険は旅行先や日数により保険料が決まります。個人旅行やグループ、ファミリープランなど旅行するスタイルから選べ、ファミリータイプなら家族全員が保険に加入できます。

クレジットカードの海外緊急ホットライン

また、安心して旅行できるサービスは旅行保険以外にもクレジットカードの旅行サービスがあります。クレジットカードの24時間海外緊急ホットラインは海外旅行中のケガや病気、盗難被害にあった時など日本語で相談する事が出来ます。24時間体制で対応していますし、海外によく出掛けるならこのようなサービスのあるクレジットカード会社を選ぶと安心です。また、クレジットカードの海外デスクサービスはホテルやレストラン、レンタカーなどの予約にも対応しています。フリープランに飽きてしまった時にはオプショナルツアーなどに申込むといいでしょう。

冬になったら伊予西条行きのタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。

三世代でどこに旅行しよう

旅行場所はどこにする?

毎日仕事をがんばっていると、「遊びたい」と急に思います。がんばっているから、たまには自分のご褒美に旅行もいいですよね。旅行に行こうと決めたら、まずは場所を決めましょう。我が家は子どもが中学生、小学生、幼稚園と3人います。大人だけなら、ゆったりと観光しながら、温泉につかってのんびり旅行ですが、子どもがいるなら遊び場所を考えないといけません。また、祖父母も一緒の三世代旅行です。どこの年代に合すかと言うと、我が家は小学生レベルに合わせて決めます。今回は長野県へりんご狩りにきめました。家から4時間かかりますが、車の中ではアニメを見て長距離運転をがまんしてもらいました。

楽しかったりんご狩り

長時間がまんして着いた長野県は、雨でどしゃぶりでした。けれども予約しているので、雨の中をりんご狩りしないといけません。カッパをコンビニで買い、準備万端でいどみましたが、自然には勝てません。あっと言う間にびちょびちょです。子ども達が風邪をひいてはいけないので、車でまたせ、大人4人で黙々と取りつくしました。その後は、雨の中遊園地に行き、ホテルでゆっくり温泉に入り、次の日はのんびり帰路に着きました。りんごは250個ほど取れ、ご近所さんや職場のみんなに配りました。りんごは蜜がいっぱいのりんごで、みなさん喜んでくれたのがよかったです。今年もまた、リベンジしにりんご狩りに行ってきます。今年は晴れますように。

冬になったら松阪に詳しいタビマスターズを発見して旅行を楽しみましょう。

カヌーが好きでよく波紋を川の上で作っています。

全国のカヌー場を回っています。

私はカヌーが好きで全国あちこちでしています。道具一式は私の場合持ち歩けないので常にレンタルもしているそう言う場所に行きます。沢山カヌーをしてきていますから、そこのインストラクターの方の舌を巻いた時にはもう快感です。たまに生徒の数がいっぱいでインストラクター一人でも忙しい時は私もインストラクターになって教えているような時もあります。(勿論お金はもらわずに)

そしたらカヌーが思うように出来ないんじゃないかと思われるかもしれませんが、私は人に教えるのが大好きなのでそんなに苦痛には感じません。むしろ教える側になる事により初心に戻れます。

波紋を作れる所が気に入っています。

カヌーの何が好きかと言うと波紋を自分で自由に作れると言う事でしょうか?もちろん川の状況を見ても「自由に波紋を作れる」と言う自分の発言なんですが、子供の頃に船の上で見た波紋に感動しそれ小規模ながら作れるってとても面白い事だと自分で感じています。

そう言う事をインストラクターの方々と話せば「分かる分かる!」と言ってくれたりマニアックとも言われ、反応がそれぞれ違っていて面白く感じています。

普段はとんでもない発言をしても波紋を呼ぶ私ですが(勿論冗談です。)、これからも日本中の川で自分の波紋を作っていきたいです。

ここで鳥羽で話題のタビマスターズを発見して旅を楽しみましょう。

幻の街、「キラク」を訪ねる旅はいかが?

北海道・野付半島の先端にかつてあった幻の街

北海道の道東・標津町と別海町にまたがる海岸に、28kmに渡る日本で最大の「砂嘴(さし)」、野付半島があります。この野付半島に、かつて「キラク」と呼ばれる幻の街があったことをご存知でしょうか?

「キラク」は、およそ200年前の江戸時代後期ごろに野付半島の先端に作られたといわれる町で、明治のはじめ頃になぜか忽然と姿を消してしまった町です。「キラク」は歓楽街で、遊郭や武家屋敷が立ち並び道路は敷石で整備されていたと言われていますが、当時のこの地方のことを記した文書などには一切の記述がなく、地元の古老たちの間でその存在が伝えられているだけの「幻の街」なのです。

大自然の中で幻の街に思いを馳せる

「キラク」がなぜ姿を消してしまったのかなどについては、まだ分っていません。しかし、かつてキラクがあったと言われる場所からは、敷石で舗装された道路の跡や沢山の生活用具などが発見されており、実際になんらかの街があったことは間違いないようです。2015年には、演歌歌手の新沼賢治によってキラクを題材にした歌が発表されるなど、近年になってこの謎の街は再び注目を浴びつつあります。

現在では、野付半島は途中の「野付半島ネイチャーセンター」のあたりで行き止まりのため、実際にキラクのあった場所までは訪れることはできません。しかし野付半島には多くの自然が残されており、「トドワラ」を始めとしたさまざまなスポットが他にもあります。道東へお越しの際には、ぜひ「幻の街」へ思いを馳せて見られてはいかがでしょうか。

冬になったら草津行きのタビマスターズを見つけてたびに出ましょう。

マイカーで行く旅と列車の旅。それぞれのメリットは?

マイカーでの旅行のメリットとは

旅行に行く際には交通手段も考えなければなりません。愛車がある人はマイカーで旅行することも多いでしょう。

マイカーで行く旅は、マイペースに好きな所に寄れることがまず利点ですよね。電車のように時刻を気にせずとも帰って来れるというメリットもあります。また荷物を積んだまま直行直帰できるので、お土産をたくさん買っても楽ちんですね。運転手が一人の場合、遠方であると運転が大変ではありますが、他人に気を遣うこともなく家族や友達、カップルなど身内のみの密室で移動できるので気も楽です。

マイカーの旅行はくれぐれも事故のないよう、安全運転で楽しみましょう。

電車で行く旅のメリットとは

旅行は行先によっては、車よりも電車のほうが移動しやすい所もあります。例えばパーキングが少ない場所や、バスやケーブルを乗り継いで観光するような場所の場合などは、電車で行くほうが良いでしょう。

電車で行く旅もまた、良いものです。電車の旅のメリットとして、運転しなくても良いのでいつも運転している人は楽ちんです。運転するよりもゆっくりと、車窓から山や海、四季折々の草花などの景色も眺めることができます。渋滞のストレスも感じることなく、疲れれば車内で眠ることもできるでしょう。

格安切符も事前に購入することができるので、そうした割引サービスも利用してお得にのんびり旅しましょう。

秋になったら網走に行くならタビマスターズを見つけて今すぐ飛び立とう

旅行に必要になってくるもの

携帯電話は必須になります

最近の旅行では確実に携帯電話はもって行ったほうが良いです。そうしたことをあえてしない、という人もいますが、とにかく連絡手段が確保されることは極めて重要なことです。それこそ、余程の山でもない限りは、基本的には心配しないでよいです。ちなみに山でも使える衛生電話というのがあります。さすがに普通の旅行でそこまで持っていく必要性はないですが、普通の携帯電話くらいは使えるようにしておいたほうがよいです。旅行先では何があるのかわからないわけです。ですから、緊急の連絡手段は確保しておくべきであるといえます。それが安全な旅行の為です。

クレジットカードが意外と

日本に限ったことではありませんが、旅行ではクレジットカードを持っていったほうが良いです。これは現金よりも遥かに安全であるといえるからです。これだけでよい、ということではありませんが、基本的には持っていくべきものの一つになっています。海外旅行では保険の関係上、持っていく必要性があります。現金は確かに強いです。あらゆるものが基本的には現金で買うことができますから、いくらかは持っていくべきですが、過剰に持つのはリスクがあります。国内旅行なんかでは今はどこかしらでお金を下ろすことができますから、キャッシュカードがあれば、とりあえず大丈夫でもあります。

ここで真岡行きのタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。

万が一の事態に柔軟に対処するために

保険には必ず加入しよう

旅行に出かけるにあたって、無事に帰ってこれればそれに越した事は無いのですが、場合によっては事件や事故に巻き込まれてしまう可能性も無いとは言えません。このような場合に役に立つのが、海外旅行用の保険への加入です。クレジットカードを持っている人の場合、怪我を負った場合等にある程度の保険金を受け取る事ができますが、その額が十分な金額で無い場合も少なくありませんので、必ず旅行への申し込みを行う際には十分な保険金を受け取る事の出来るプランに加入しておき、いざという時に困らないようにしておく事が旅行を心置きなく楽しむための最低限の準備です。

現地で急に病気になってしまったら

旅行中に持病等により急に体調が悪くなってしまう事があります。日本国内であれば日本語が通じるので自分の病状を説明する事ができますが、日本国外で体調不良を起こしてしまった場合は自分の持病等を性格に伝える事は至難の業です。また、救急車を呼ぶ方法を事前に把握しておかなければ、万が一の際に病院に向かうことすら不可能になってしまいます。このような事態を防ぐためには、自分の持病や起こりそうな病気をあらかじめ現地の言語でメモ書きしておき、医師にその紙を見せる方法が安全です。救急車の呼び方は国ごとに方式が異なりますので、行き先毎に事前の調査が必要です。

こちらのサイトから福島の一部で話題のタビマスターズを探して旅に出よう。